FC2ブログ

焼鳥修行2019


190412-1.jpg

相変わらず、山の家では『焼鳥修行』を続けている。仕込むときに出る端切れを、炭火のうえで鉄板で焼いて犬用メニューも試作してみたり。

190412-2.jpg

といっても、食べやすい大きさの鶏肉を焼いてほどよく冷ましてあげるだけなんだけども。さて、大吉の反応はどうだろう。

190412-3.jpg

お気に召されたようで。食に執着心のない大吉がこうなら、きっと犬のお客さんも喜んで食べてくれるだろう。炭火焼鳥大福のオープンに向けて、犬用メニューも充実させておかないとね。

190412-4.jpg

何年先になるかわからないが。













<補足>
190412-5.jpg

人間用「焼鳥丼」も、海苔で隠れているけど『中村農場』の八ヶ岳卵を使ったりしてバージョンアップしています。ちゃんと小さい味噌汁も付けて。


<補足2>
190412-6.jpg

『前回』分かった仲間のコメントは1件だけだったけど、これはBOSSの「CE-1」という古いエフェクターね。コーラスとビブラートがあって、特にビブラートが素晴らしいのよ。見た目も渋いでしょ。これはたしか富士丸のDVDの音源でも使用しています、どうでもいいと思うけど。

あと、デロリアンズ通信Vol.457を配信しました。







コメントの投稿

非公開コメント

No title

父ちゃんの事ですから、知らんまに実現してるかもですよー
今なぞは、ワンコと一軒家に住めてるし、山の家も出来たし
おまけに(失礼!)奥様まで出来て?ますやん。
こういう肩の力抜けた感が、神様に受けるのかも。
あの方のサポートもあるかもですし。

No title

「野の花日記」のマリコさんつながりで、唐突突然にて失礼します。

古希を迎える私は「千羽鶴。最速・最高齢の奉納祈願旅へのチャレンジ」中です。
  https://camp-fire.jp/projects/view/140532

協力・応援・拡散を希望しております。 ブログ記事やネタに取り上げてもらえませんか? の無理?なる書き込みでした。 ヨロシクお願いいたします。

No title

とり丼見てたら食べたくなった!
今日の晩御飯は焼き鳥決定。っていうことで外食の言い訳ができました。
あのエフェクターうちのツレも持ってました。
いつの間にかなくなってた。遠い昔の話だもんね。

No title

夢。見ながらの生活、犬まみれの生活。いいですね!
なんか、多彩になっていますけど、無料で配信、大変ですねえ。

使い込まれてる~

CE-1は外側の無骨なボディが渋いんだけど、その分重たい。
赤く点灯するパイロットランプが暗いステージの上で光るのがまた良くって。
右のスイッチでビブラートとコーラスが切り替えられるんだよね。
私はどちらかというとコーラスが好み。

飛んでいきたい!!

あんな美味しそうな焼鳥丼を見せつけられたら、もう、うちの子を抱っこして飛んでいきたくなっちゃいます。 デロ仲間の皆さんと、ワンコたちと頬張る焼鳥丼を想像したら、ホント、どこで〇ドアーが欲しいです! 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2019年11月号 Vol.112

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)