FC2ブログ

第2回デロ懇親会〜その2


190130-1.jpg

『前回』からの続き)意見交換会の後は、みんなで鍋を囲むことに(この日用に取り寄せただけで『腰越珈琲』に鍋料理はないからね)。

190130-2.jpg

たっぷり2時間くらい『DeLoreans』に対する意見や要望を聞いたので、かなり参考になった。さて、飲もう!カンパーイ。

190130-3.jpg

そして、夕方の散歩を終えた大福も合流(『腰越珈琲』は普段からいつでも室内犬OK)。

190130-3-2.jpg

大吉は基本フレンドリーなので、知らない人がいても、知らない犬がいても、余裕の表情。

190130-4.jpg

触られても平気。外でいきなり知らない人が近づいてくるとさすがに警戒するが、こういう場だと大丈夫。

190130-5.jpg

いっぽう、硬い表情で自分の居場所を模索するタヌ吉。ヒトミシラーでイヌミシラーなやつだ。

190130-6.jpg

でも慣れてくると触られても逃げなくなる。もしかしたら視界に入る見知らぬ犬たちに神経を研ぎ澄ませているので、気づいていないのかもしれない。

(※懇親会の詳しいレポートは後日、今井さんが『DeLoBlog』で書くと思うので、お楽しみに)











<お知らせ>

あと、デロリアンズ通信Vol.432を配信しました。





<鍋レポ>

190130-7.jpg

昨年に続いて、今年も「きりたんぽ鍋」を取り寄せた。何度も書くが、本場秋田のきりたんぽ鍋は本当に美味しい。何味とうまく説明出来ないが「優しい味」なのだ。私のオススメは「佐田商店」。

190130-8.jpg

この日、はじめて食べるという人も「こんなに美味しいとは知らなかった」と唸っていたほど。きりたんぽそのものが美味しいのではなく、スープを吸ったきりたんぽや具材が美味しいのよ。「だまこもち」もね。

191030-9.jpg

そして雑炊は、まず普通に食べて、次にパルメザンチーズをかけて食べてみて欲しい(私の提案)。その味の変化を体験して欲しい。じゃ、騙されたと思って試してみてね!(終)






コメントの投稿

非公開コメント

No title

福助さんの警戒顔はわんこのそれではなくて人間の子供が人見知り緊張してる顔みたい^^
きりたんぽ鍋はいわずもがな。。
冬の恐怖はおいしいもんが多すぎることかも。しれない。

No title

大吉君はいわゆる人たらしタイプ♪

福ちゃん、耐えられてるのは大吉君と父ちゃんがいるおかげかな。
こんだけ内弁慶で分かりやすい子も おもしろいではないですか♪

福ちゃんの顔(笑)かわいいなぁ。

どこでもド〇ーがあれば…

いいな~、懇親会に参加された皆様。 どこでもド〇ーがあれば、直ぐにでもきりたんぽ鍋セット持参で参加するのに~。 秋田では、一人用のきりたんぽ鍋、だまこ餅鍋がスーパーで買えます。 とっても寒い日は、仕事帰りに買っています。 でも、多人数で食べるきりたんぽ鍋にはかなわないな~。 いつか、参加したい!

個性♥

大吉くんのほうがヒトミシラー・イヌミシラーかと思いきや…5枚目の写真の大吉くん、笑顔ですね。
福ちゃんの「乗り越えよう」としているお顔がかわいくて、きゅんとします。

私も人見シラーだから福ちゃんの気持ちは良〜〜く分かります。でも、、、がんばれ福ちゃん!笑

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2019年8月号 Vol.111

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)